大事なのはやはりストレスと上手く付き合うこと

投稿日:

Webでも出ている「毛穴ケアに最適なクレンジング」ですとか、「毛穴ほ開きがみるみる消えてく!」と謳った化粧品は多くありますが、私の場合は予算の関係もありますが、どれも効果を示さなくてとてもストレスを感じていました。

最初に気になり始めた毛穴の開きは、20代前半でまだ肌が安定しておらず、油分が水分よりも多少多かった時期の事です。
原因はその頃は明確で、夜寝る前にクレンジングをしていなかったり拭き取りクレンジングで済ませたり、また根本的にアルバイトの終了時間が深夜を回っていたこともあった為食生活や生活リズムが完全に乱れていたことでした。
⇒改善策:ダブル洗顔を実施し始め、お酒を飲む機会を削減。お肉や油ものが大好きでしたので無理に制限をせず、一緒に野菜を取る事を心掛けただけで肌の状態が少しよくなり、毛穴の開きが気にならなくなってきました。

20代半ばになると、仕事時間が多く学生の頃とは異なるストレスや長居する環境が衣服を販売している為乾燥気味な所でした。
また、その頃にはダブル洗顔も継続していましたが毛穴の開きが再び悪化し、更には毛穴周辺が少し赤味を帯びてきましたので鼻や頬のあたりがチークをかけていないのに赤く苺みたいになっていました。
⇒原因はストレスと水分不足のため血流が滞っていたこと。肌の油分が減ってきたことによって皮膚が薄くなり、紫外線ダメージの影響が以前より強く受けるようになったことでした。
⇒改善:普段から水分摂取をしっかり行う事、化粧水コットンの簡易パックをして毛穴の炎症を定期的に緩和すること。クレンジングを今までのオイルタイプからクリームタイプへ変更。そうすることにより、肌を傷つけないでメイク落としが出来るからです。
また、化粧下地を使う事にしました。毛穴の開きを隠してくれる上に、外気からのダメージを軽減するためのバリアとして機能してくれるからです。

そして30代を迎える今、主に身体機能的に衰えが目立ってきたり、血行不良が原因の毛穴開きが多くなってきています。そこではしっかりクレンジングと洗顔が行われていることがとても重要となりました。基礎化粧を使う前段階の基本的な事でありますが、どれだけ大事か分かるようになりました。
また、夜寝る前のストレッチや首、足のむくみ予防の簡単なヨガがストレス発散に繋がり、現状の改善というよりもこれ以上悪化しないように予防している感覚です。

ファンデーションで隠すことも一つの手ですが、すべてを洗い流したときに綺麗な肌で痛いため、私はこれからもその歳の肌状況に応じた開き毛穴を基準としたケアをしていきたいと思います。

http://xn--f9j4c9a033y9zbv2rg31agoyfxbl6e.com/